店長のトラバカ日誌

7月23日のオリンピック開会式始まり柔道が金メダルを最初の取り幸先のいいスタート。

7月28日から東京五輪の野球競技が始まりペナントレースがお休みとなりました。

8月2日の東京オリンピック野球「侍ジャパン」は、延長10回7対6で米国にサヨナラ勝ちをした。

五輪での米国戦の連敗を3で止めた。

日本は4日の準決勝で、前回2008年北京五輪金メダルの韓国と対戦して韓国を5対2で下し7日の決勝に進出メダル確定圏内に入った。ワクワクします。


 プロ野球は、8月13日から再開されます。

2位の巨人と2ゲーム差を保って、前半戦を終えた阪神。

最後まで首位を守り抜くには4番の大山内野手が後半戦のキーマンに推する声が上がる。

さらに虎党が1番盛り上がるパフォーマンス&ポーズとして、ジェフリーマルテ内野手。

先発再挑戦に藤波投手だ。

まず最初のカードの広島3連戦(京セラドーム)が大事になってきます。

阪神はもう一回独走態勢に戻って欲しいです。残り59試合に全集中したい。

 カギとなるのは8月の戦いだろう。

後半戦再開後のカードは広島・DeNA・広島・中日と下位チームとの対戦が続く。

広島と中日には6勝4敗、DeNAには8勝7敗と大量ではないが貯金を作っている。

この間、2位巨人と3位ヤクルトとの直接対決が2度組まれており、こちらは死闘が繰り広げられることが予想される。

9月にはその2位巨人と3カード対戦、3位ヤクルトと2カード対戦と苦しい戦いが待ち受けている。

それだけに阪神としては8月の対戦に、貯金を多く作れるかが優勝へのカギとなりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA